映画「マエストロ!」感想(ネタバレあり)

映画「マエストロ!」感想(ネタバレあり)

映画「マエストロ!」パネル1

映画「マエストロ!」の感想です。

クラシックものの作品は結構好きです。

今回は、世界的指揮者・佐渡裕さんと奇跡のピアニスト・辻井伸行さんなど、最高峰の音楽家たちも全面参加ということで、ストーリー以外も楽しめるかと思って、映画館で観たいと思っていました。

やはり音にこだわる映画は映画館で観たいですね!

解説&あらすじ

※原作未読
※ストーリーネタバレありです。知りたくない人は閲覧をご注意ください。
※クラシックは好きだけど、めっちゃ詳しいというほどでもないというレベルの人が観ています。
※理解不足により、勘違いしているところもあるかと思います。

解説
漫画家さそうあきらが手掛けたコミックを基に、不況のあおりで解散したオーケストラの再起を若手コンサートマスターと謎の指揮者を中心につづる感動のドラマ。コンサートマスターに松坂桃李、指揮者に西田敏行がふんし、寄せ集めの演奏者たちが破天荒な指揮者を前に一転、復活のコンサートを目指し奮闘するさまを笑いと涙を交えて描き出す。メガホンを取るのは、『毎日かあさん』などの小林聖太郎。随所に登場するクラシック音楽のトリビアや、松坂と西田がそれぞれ挑む楽器演奏と指揮にも期待。

あらすじ
若手コンサートマスターの香坂(松坂桃李)は、不況の影響によって解散したオーケストラの再結成に携ることに。しかし、練習場に現れたのは再就職先が決まらない演奏家たちで、久々の音合わせもうまくいかず前途多難な雰囲気が漂う。そこへ怪しげな男、天道(西田敏行)が登場。天道による常軌を逸した指揮にもかかわらず、楽団員たちは自信を取り戻していき……。(引用:シネマトゥデイ

映画感想(ネタバレあり)

問題ばかりで不安な再出発の元名門オケ・・・

キャストさんがかなり楽器の練習をしていたようで、母がファンの松坂桃李くんも1年以上はバイオリンのレッスンをしたりしたようで、キャストさんと楽器がよく馴染んでいたように思います。

解散した名門オーケストラが再結成される。
演奏はうまいが受かったオケがなかった香坂(松坂桃李)は、連絡をもらったオケの練習場に行ってみるが、そこは廃工場だった。

集まっていたのは、既に腕のいい人たちは引き抜かれた出がらしのような負け組のメンツ。
顔面麻痺で抜けた人や定年退職した人、再就職先が決まらない人など、色々な事情を抱える人たちだった。

全員集合するが肝心の指揮者がいない。演目はベートーベンの「交響曲第5番《運命》」とシューベルトの「交響曲第7番《未完成》」で何回も演奏したことのある曲だし・・・と、コンマスの香坂を中心に音合わせをはじめるが、工場内からはトントンカンカンという音が・・・。

「静かにしてもらえませんか」という香坂たちに、工具を振り回す中年の男が指揮者でもあり再結成の話を持ちかけた『天道徹三郎』だった。
天道徹三郎という指揮者を誰も知らない団員たちは、自分たちのギャラが払えるのかと不安しかなかった。

しかし、この時点で団員たちはお金のことばっかり考えていて、いい演奏をしようというのがなかったんですよね。
うまかったメンバーは引き抜かれちゃって、自分たちじゃしょがないみたいな、そんなかんじしかなかった。

破天荒に見えてさりげないフォローもいい

はじめはベートーベンの出だしもバラバラ。

指揮棒で指揮をするまでもないと、その日の気分で工具を選び、注意の言葉は下ネタ・・・。

練習も回を重ねていき、天道の下ネタ的「イボ痔切れ痔」などの注意法も団員たちもわかってきてからは、音がぐっとまとまってきた。

最初は天道の変な動きの指揮に文句ばっかりだったけれど、あの変な動きが逆にわかりやすいという声が増えてきた。
次第と音がよい方向になおっていってることに気がつく。

破天荒に指導をしているだけのように見える天道ですが、裏ではホルンの音がよくないからと板金屋さん(たぶん)に連れて行ってメンテナンスをしてあげたり、アマチュアのあまね(miwa)には住むところがないと知れば船を提供してあげたり、一人で飛び出してしまう音を独特の方法で教えてあげたりと、実はさりげなくフォローもしていたんです。

このフォローは、天道が過去の失敗から学んだことだったようです。

香坂と天道のつながり

香坂は演奏がうまいと団員たちに慕われていたけれど、彼だって他のオケには受かっていないわけですから、うまくても落ちこぼれなんですよね。

目標とするバイオリニストだった自分の父親の音を追いかけていて、そこに捕らわれちゃっているんですね。

そして、父がよく言っていた響きあう『天籟(てんらい)』という音も探していたんです。

天道にも過去があり、香坂の父がコンマスの楽団で指揮をしていたころがあったが、天道の横暴さについていけなくなった団員が演奏会をボイコット、香坂の父は精神ストレスで倒れてしまうということがあり、それがきっかけで香坂の父は入院してしまったんですね。

そのことを知った香坂は、天道への反発を強めていくんだけど、それと同時に今回の再結成でスポンサーについてくれた企業が天道のよくない噂を聞いてしまい降りてしまうというアクシデントが・・・。

香坂の中の天道へのわだかまりだけではなく、演奏会自体がなくなろうとしていく中、香坂は自分で答えを見つける。

「世の中で一番美しいものは音楽」

香坂の母がかつて言っていたこのセリフが、香坂を救ったのかもしれません。

演奏会が出来なくなるかも・・・という話で、一度はばらけたオケだったけど、自主的にメンバーが戻ってきていた。

香坂は、オケに復帰をすることを決めて練習場に行ってみると、他の団員たちが歓迎してくれて、そして本番へ。

最後の演奏は圧巻!

演奏会は2日間行われて、初日の演奏がうまくいき、二日目も満員と聞いていたが、2日目は客が一人も入っていない状態であることを知る・・・。

それは天道があとわずかな命しかない妻へ贈るレクイエムだった・・・。

最後は大迫力のクラシック演奏で、スクリーンから気迫が伝わってくるようでした。

映画「マエストロ!」感想まとめ

クラシックに詳しくない初心者でもわかりやすい構成だったと思います。

天道の指揮は、動きが大きいので初心者のわたしでも見ていて伝わってくるものがあるし、それぞれの団員が悩みをかかえて、それをちょっとずつフォローしていって悩みが解決されて自信をもって演奏できるようになってくるのは、見ていても好感が持てました。

どんどんオケの音が仕上がってきて、最後の演奏はかなりの迫力です。

クラシックはあまり詳しくありませんし、のだめを観ていた程度の知識ですが、スクリーンから迫力が伝わってくる「ベートーベン」と「未完成」は、思わずリズムを取って聞いてしまっていました。

(演奏がいいよとかそういう聞き分けはできませんけどね)

最後に感動的に終わったのはいいんですが、天道はこのために借金をしていたり、今後のオケの向かう行方などがわからなかったのが残念。

例えばエンディングのときはどうせ真っ黒だから、小窓みたいな映像で、今回の演奏で評判が出てスポンサーがどんどん出てきて、演奏の機会が増えた楽団がお金ががっぽがっぽ儲かってみんなハッピー!みたいな、後日談的なストーリーを入れてもらえるとより満足したかなと思いました。

でも、トータル的にはいい映画でした。
同日公開で邦画だと「ジョーカー・ゲーム」があって、どっちが面白かった?と聞かれるんですが、どちらも話の方向性が違うので、オススメするのが難しい。
スピードアクションが好きなら「ジョーカー・ゲーム」、人間ドラマが好きなら「マエストロ!」と答えています。

※舞台挨拶付を観にいきましたので、舞台挨拶の感想は別途アップしています。
 よろしければ、こちらもあわせてどうぞ♪

舞台挨拶感想はこちら 映画「マエストロ!」MOVIXさいたま舞台挨拶に行ってきました!レポ</span>

スタッフ・キャスト

映画「マエストロ!」

<スタッフ>
監督: 小林聖太郎
脚本: 奥寺佐渡子
原作: さそうあきら
指揮指導・指揮演技監修: 佐渡裕
音楽: 上野耕路
エグゼクティブプロデューサー: 豊島雅郎 / 小西真人
プロデューサー: 井手陽子 / 田中美幸
ラインプロデューサー: 原田文宏
アソシエイトプロデューサー: 八尾香澄
撮影: 清久素延
照明: 横道将昭
美術: 小澤秀高
録音: 柿澤潔
装飾: 大庭信正
編集: 宮島竜治
VFXスーパーバイザー: 立石勝
スタイリスト: 荒木里江
ヘアメイク: 橋本申二
スクリプター: 近藤真智子
助監督: 久万真路
制作担当: 早川徹
音楽スーパーバイザー: 天野正道
チーフ音楽プロデューサー: 中島浩之
音楽プロデューサー: 安井輝 / 篠崎惠子

<エンディングテーマ>
辻井伸行「マエストロ!」(マエストロ! ~辻井伸行 with オーケストラ自作集収録)

<キャスト>
香坂真一  :松坂桃李
橘あまね  :miwa
天道徹三郎 :西田敏行
阿久津健太郎:古舘寛治
村上伊佐夫 :大石吾朗
谷ゆきえ  :濱田マリ
榊涼子   :河井青葉
今泉徹   :池田鉄洋
鈴木稔   :モロ師岡
可部直人  :村杉蝉之介
伊丹秀佳  :小林且弥
丹下浩   :中村倫也
一丁田薫  :斉藤暁
嶋岡脩三  :嶋田久作
相馬宏明  :松重豊

映画「マエストロ!」

新装版 マエストロ(1) (アクションコミックス)
さそう あきら 双葉社 2014-05-20
売り上げランキング :

by ヨメレバ
新装版 マエストロ(2) (アクションコミックス)
さそう あきら 双葉社 2014-06-19
売り上げランキング :

by ヨメレバ
新装版 マエストロ(3) (アクションコミックス)
さそう あきら 双葉社 2014-07-19
売り上げランキング :

by ヨメレバ
小説 マエストロ! (双葉文庫)
さそう あきら,奥寺 佐渡子,蒔田 陽平 双葉社 2014-12-11
売り上げランキング : 13726

by ヨメレバ

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 アニメブログ 進撃の巨人へにほんブログ村 コレクションブログ ねんどろいどへにほんブログ村 コレクションブログ オビツボディへ

実写・映画感想」の人気記事

  1. 実写映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」PG12指定は子供がみても大丈夫? 実写映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」PG12指定は子供がみても大丈夫? 324ビュー
  2. 映画『グラスホッパー』ネタバレ感想 映画『グラスホッパー』ネタバレ感想 165ビュー
  3. 映画「ST赤と白の捜査ファイル」ネタバレ感想 映画「ST赤と白の捜査ファイル」ネタバレ感想 118ビュー
  4. 映画「テラフォーマーズ」ネタバレあり感想 映画「テラフォーマーズ」ネタバレあり感想 99ビュー