ユーリ!!! on ICE「ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.」ワンフェスにて発売決定

ユーリ!!! on ICE「ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.」ワンフェス2017[夏]にて発売決定

ワンダーフェスティバル2017夏にて『ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.』が発売されます。

おおおおおおお!!
ねんどろ勇利FSバージョン、キター!

しかも、ねんどろヴィクトルの交換パーツもついてきますよー!!

スポンサーリンク

「ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.」ワンフェス2017夏にて発売

ユーリ沼の皆さま、こんにちは。さくらです。
ここのところ、さすがに仕事が詰まってて更新が途絶えていましたが、より我慢できない情報が出てきて滾っております。

アニメ「ユーリ!!! on ICE」から『ねんどろいど勝生勇利』が2017年7月に、『ねんどろいどヴィクトル・ニキフォロフ』は2017年8月に発売されます。

ねんどろいど 勝生勇利 アニメイト池袋本店展示撮影分

アニメイト池袋本店展示

ねんどろいど ヴィクトル・ニキフォロフ  アニメイト池袋本店展示撮影分

アニメイト池袋本店展示

お迎え準備されている人もたくさんいらっしゃると思います。
※わたしはねんどろ勇利・ヴィクトルを各2で予約しています。

ねんどろいどは受注販売ですので、予約をしたほうが確実です。

今度は『ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.』が登場します!

フリースケーティング“Yuri on Ice”の衣装ですよ……!

優し気な「通常顔」や、可愛らしい「笑顔」パーツもありますので、通常のねんどろ勇利と組み合わせて遊んでもいいですね。

「おにぎり型のぬいぐるみ」パーツ「ねんどろいど ヴィクトル・ニキフォロフ」(別売り)のハートマークにできる追加の腕パーツ「マッカチンティッシュケース」パーツも付属するとのことなので、絶対に1個は欲しい……!

キスクラごっこがやりたい場合は、ねんどろいどもあ きせかえスーツを買うといいかも。

これさえあれば、キスクラごっこっぽいものができますね……!

逆に考えると、ねんどろ勇利FS Ver.にねんどろヴィクトルの交換パーツがついてくるってことは、ねんどろヴィクトルコーチの発売はないのでしょうかね~。

黒スーツのねんどろいどってあまりない気がするので、作ってくれたらありがたいのですが……!
※売ってくれれば買います!!!

「ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.」アニメエキスポかワンフェス、通販にて販売

『ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.』の発売は、Anime Expo 2017、ワンダーフェスティバル 2017[夏]にて発売されます。

Anime Expo 2017の会場はアメリカですので、普通の日本人は幕張メッセで開催されるワンフェスを狙うことになるかと思います。

「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!26ブース」、会場販売数量は1,300個で一人2限です。

一人2個買うとしてすぐさま完売しそうですよね(^^;)
先に入場できちゃうディーラーさまも並ぶでしょうし……。

通販は「GOODSMILE ONLINE SHOP」では2017年7月30日(日)16:00~2017年8月7日(月)21:00までの取り扱いのようです。

多分受注販売になると思います。
会場に行けない、もしくは買えなかった人は通販を狙いたいところですね。

7月はユーリも進撃もコラボが忙しくて、今回のワンフェスは行くのを止めたところだっただけに、また行くかどうかで迷ってきました(^^;)

情報ソース ねんどろいど 勝生勇利 フリースケーティングVer.

(C)はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE 製作委員会

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 コレクションブログ オビツボディへ にほんブログ村 コレクションブログ ねんどろいどへ にほんブログ村 アニメブログ 進撃の巨人へ
ねんどろいど
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

「進撃の巨人」「文豪ストレイドッグス」「ユーリ!!! on ICE」「Free!」「TIGER & BUNNY」「PSYCHO-PASS サイコパス」などのアニメが好きなアラフォーのオタク。気がついたら手遅れな腐女子だった。
アニメが大好き、現在は推しのねんどろいどをカスタマイズするオビツろいど、ねんどろいどどーる(ねんどーる)にどはまり中。
音楽はX JAPAN・嵐が好き。神社やパワースポットも大好き。
母がキスマイ・松坂桃李くんファンなのでミーハーは遺伝だと思ってる。

さくら@管理人をフォローする
さくら@管理人をフォローする
スポンサーリンク
腐女子のオタク感想文

コメント