ドラマ「ガリレオ2」第2章『指標す』

NO IMAGE

ドラマ「ガリレオ2」第2話『指標す(しめす)』の感想です。

ガリレオの苦悩 (文春文庫)
強盗殺人事件の捜査を行う美砂(吉高由里子)は報告書に、女子高生・加奈子(川口春奈)が被害者の飼い犬の死体を振り子を使って発見したと記入。するとその裏付けを取れと太田川(澤部佑)に言われ、しぶしぶ湯川(福山雅治)の元へ。事件の概要と、犯人が飼い犬を殺した可能性が高いことを告げた美砂は、加奈子が水晶の振り子に行き先を尋ねながら進み、犬の死体を発見したと説明。すると湯川は、その行為は‘ダウジング’だと語る。
※あらすじはYahoo!テレビから頂戴しました<(_ _)>

ドラマ「ガリレオ」

<スタッフ>
原作:東野圭吾「ガリレオの苦悩」ほか(文藝春秋刊)
脚本:福田靖
演出:西坂瑞城
演出:澤田鎌作
企画:鈴木吉弘
プロデューサー:牧野正
主題歌:恋の魔力/KOH+

<キャスト>
福山雅治:湯川学
吉高由里子:岸谷美砂

ガリレオ公式サイト

ある家の一人暮らしのおばあちゃんが殺された。
遺体が発見されたときには仏壇の奥に隠してあった金塊が消えていて、飼い犬もいなくなっていた。
後日、飼い犬のクリちゃんは女子高生によって、家から離れたゴミ箱の中に捨てられていた。
しかも、その方法は『ダウジング』という水晶などで水脈を探したりする非科学的な方法だった・・・というお話です。

今回の主人公・加奈子は、高校生で家が代々『ミズガミサマ』という水晶を受け継ぎ、振り子──ダウジングをするというかなり変わった設定でした。
大事なことは全部『ミズガミサマ』でダウジングをして決める。
友達と頻繁に通う角松のパン屋さんで、中学のときに好きだった男の子に告白をされた。
好きだった人なのにその場で即決をせず、『ミズガミサマ』に聞いてから答える。
『ミズガミサマ』に聞くと、その男の子とは付き合わないほうがいいということになり、ごめんなさいをしたりと、かなりの『ミズガミサマ』依存です。

でも、事件解決のために、大事な水晶を岸谷に預けたりと、ものすんごい痛々しい子ではなかったのがほっとしたよね!

今回の殺人事件は、加奈子がダウジングで飼い犬のクリちゃんを発見したことで、吉高由里子さんの役の刑事の岸谷の事件報告書が『ミズガミサマで犬を発見した』とか、科学的な理由もなく書いて提出したことで警察署内で「オカルトちゃん」呼ばわりされていた。
報告書にミズカミサマの「科学的な理由」が欲しかった岸谷は、1話でツンツンしていたくせに湯川先生に依頼してきた。

しかし、湯川先生は・・・というか福山さんはイケメンすぎますね!!
講義が女子で溢れかえり、講堂からはみ出ています(笑)。

タイミングがよかったのか湯川先生はメトロノームで振り子の実験をしていました。
だから、結構ダウジングに食いつきがはやく、栗林さんの「ダウジングなんてありえない」発言にぼぼっ!と火がついちゃったのでした!

今回は実験のために、JAXAが登場!
湯川先生は、当然だけど加奈子のダウジング能力が本物か偽物かを実験しているんであって、犯人を捜しているわけじゃない。

ダウジングについて一通り満足すると、湯川先生はさっさと帰ってしまい、結局、岸谷は科学捜査とは180度も違う加奈子の『ミズガミサマ』で犯人を特定(笑)。

犯人は、加奈子が通っていたパン屋さんのご主人だったけど、ダウジングで解決しました・・・なんて報告書に書いたらそのまま週刊誌ネタになってしまうと、1話のときのツンツンぶりはどこへ行ったのか、湯川先生に泣きつきます。

「不覚筋動。
潜在意識が 筋肉に働き掛ける運動だ」

湯川先生は、加奈子がダウジングで犬を発見したとき、なぜ歩いて行ける場所に犬がいたのか、また警察に聞かれる前から犬が死んでいるのを知っていたのかが疑問だと言った。
加奈子が実は知っていて、無意識に筋肉を動かしていたのではないかと推察した。

岸谷は、もう一度加奈子に事情を聞くと、加奈子は塾の帰りに偶然見てしまったのだそうだ。
角松が足を引きずりながら、何かをゴミ箱に投げ捨てたところを・・・・・・。

怖くなって逃げ出したけど、次の日におばあちゃんが殺されて、犬もいなくなっていたことで事実がわかってしまった。
でも、自分で決めて見に行くのが怖かった加奈子は、ミズガミサマにダウジングで「これでいいのか」と聞きながら、ゴミ箱までやってきた。

「結局、あの振り子は、彼女自身の意思を確認するための道具だったんです。
憧れの先輩から交際申し込まれて断ったのも、実は彼女自身が相手のチャラい本質を見抜いてたからなんですよ。
最初は 痛い不思議ちゃんかななんて思ってたけど、慎重に自分の行動を決める、しっかりとした女の子だったんですね。」

事件は解決したんだけど、このままではやはり報告書が書けない。
湯川先生に泣きついた!

湯川先生もなんだかんだと協力してあげていますよね~。

実は、第1話でものすんごいイライラしていた吉高由里子さんの役の刑事の岸谷・・・・・・。
第2話を観て、またものすんごいイライラしたら、非常に残念だけどガリレオのドラマは観るのはやめようと思ってました。

でも、今回は前ほどムカつかなかったな~。
(実はわたしのかなり苦手なタイプなんです・・・岸谷の役が・・・)

そんなわけで、3話も観ます!

ダウジングは化学ですべてが解明されないと言いながらも、ちゃんと科学的に理由づけ出来てしまうのが湯川先生ならではですね!

加奈子はダウジングに意見を委ねる痛い子かと思ったけど、意志を確認するための行為だった。
『ミズガミサマ』に聞いているようで、ちゃんと無意識の意識があって、自分で判断出来ているという流れは個人的によかったです♪

ガリレオの苦悩 (文春文庫)
東野 圭吾
416711013X

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 アニメブログ 進撃の巨人へにほんブログ村 コレクションブログ ねんどろいどへにほんブログ村 コレクションブログ オビツボディへ

ドラマ・ガリレオ」の人気記事

  1. ドラマ「ガリレオ」Φ(エピソードゼロ)感想 ドラマ「ガリレオ」Φ(エピソードゼロ)感想 156ビュー
  2. ドラマ「ガリレオ2」第6章『密室る(とじる)』 ドラマ「ガリレオ2」第6章『密室る(とじる)』 46ビュー
  3. ドラマ「ガリレオ」第三章 ドラマ「ガリレオ」第三章 40ビュー
  4. ドラマ「ガリレオ」第一章 ドラマ「ガリレオ」第一章 34ビュー