実写映画「おそ松さん」感想

映画「おそ松さん」感想

当初から実写化に賛否両論ある映画「おそ松さん」、初日に映画館で観てきました。

※感想には一部ネタバレが含まれます。絶対に知りたくない方は閲覧しないでください。

スポンサーリンク

解説・あらすじ

解説
赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」を原作にしたアニメ『おそ松さん』シリーズを、アイドルグループ「Snow Man」主演で実写映画化。松野家の六つ子の長男・おそ松が養子を申し込まれたのをきっかけに、それを認めない弟たちが自分が養子に選ばれようと争いを繰り広げる。監督は『賭ケグルイ』シリーズなどの英勉。松野家の6兄弟を向井康二、岩本照、目黒蓮、深澤辰哉、佐久間大介、ラウール、映画オリジナルキャラクターの3人を渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太が演じる。(引用:シネマトゥデイより)

あらすじ
松野家の六つ子、おそ松(向井康二)、カラ松(岩本照)、チョロ松(目黒蓮)、一松(深澤辰哉)、十四松(佐久間大介)、トド松(ラウール)は20歳を過ぎても自立できず、女性経験もないニートだったが、皆で仲良く暮らしていた。ある日長男のおそ松は、ふとしたきっかけで大企業のCEOから養子にしたいと持ち掛けられる。一方、抜け駆けが面白くない5人の弟たちは自分が養子に選ばれるため、他を出し抜こうと火花を散らす。そんな彼らの前に謎めいた3人の男が現れ、事態は思わぬ方向へと動き始める。(引用:シネマトゥデイより)

映画館で観てきたよ

『おそ松さん』はさすがに実写だと無理があるんじゃないか?と思って、映画館で映画を観てきたさくらです。こんにちわ。

アニメの『おそ松さん』を拝見していると……「さすがにこれを実写でやるの?」と思っちゃうほどギャグですよね。

地元の映画館で初日初回、前日に座席を予約したのですが、ほぼ満席状態でなんとか滑り込みセーフでした。

映画「おそ松さん」公開3日間限定の入場者特典プレゼント 特製(とくシェー)ステッカー

公開3日間限定入場者特典の特製(とくシェー)ステッカーもいただきました!

※TVアニメ「おそ松さん」1期・2期は軽く視聴済み、アニメ映画は観ていません。
※感想には一部ネタバレが含まれます。知りたくない方は閲覧しないでください。

※感想は大変個人的な主観が入りまくった個人の感想です

感想

松野家の二十歳をすぎた6つ子たちは、二十歳をすぎたが定職にはつかず、親の脛をかじって生きる女性経験がないニートと言いあいながら、毎日楽しく遊んで暮らしていた。

そんなある日、大企業のCEOとおそ松が遭遇するが、事故で亡くした子供とそっくりなので養子に迎えたいという。

「6つ子なら、誰でもいいのでは?」と思う5人の弟たち。
「どれでも、お好きなものをどうぞ」と思う両親。
その勝ち組と結婚をして玉の輿に乗りたいトト子。

満を持して骨肉の争いが始まるが、そこから派生する個別ストーリーが収集つかなくなり、『物語終わらせ師』と名乗る黒づくめの3人の男たちも加わり、6つのストーリーが混乱しはじめる。

OPはアニメコラボ

オープニングでは、簡単な6つ子の紹介が入りましたが、アニメの6つ子も登場しました!
(顔はアニメで声は声優という意味です)

アニメ版は、声が豪華すぎて視聴していました。
(おそ松(CV 櫻井孝宏)・カラ松(CV 中村悠一)・チョロ松(CV 神谷浩史)・一松(CV 福山潤)、十四松(CV 小野大輔)・トド松(CV 入野自由))

少しだけですが、アニメファンの方も楽しめると思います。

自虐ネタとおそ松さん実写キャラについて

まず、ギャグ映画なので、ギャグが受け付けない人は今作は難しいと思います。
最初から最後までギャグしかなく、むしろそれ以外ない。

冒頭から「実写だから」という自虐ネタが多く、そういうところはおそ松さんらしいなと思いましたが、そういうギャグが苦手な人は気になっちゃうかもしれません。

わたしはギャグは得意ではありませんが、「まあ、おそ松さんだしな……」と思って観ていました(笑)。

おそ松さんファンからすると、内容的にもジャニーズが演じることに不安があるかと思いますが、Snow Manの皆様や他の役者さん方も、あのくだらないギャグを真剣に演じられていたように思います。

アニメは1期と2期を軽く視聴していますが、どちらかというと1期に近い雰囲気でした。

一番しっかりと役を掴んで演じられていると感じたのが、十四松役の佐久間くん!

十四松がブレていない、好演しているとかんじました。

さすがアニオタですね!

逆にちょっと違うかな……と思うキャラもいましたが、個人的には許容範囲でした。
(ライトにアニメを観ていたので、大ファンの方と違った感想かもしれません)

次第に渋滞しはじめるストーリー

「大企業CEOの養子になる!」というあたりまでは、ストーリーはわかりやすかったですが、養子になるための努力をそれぞれがはじめると、6つ子の個別のストーリーが展開します。

6つの物語が渋滞しはじめ、今流行りのタイムリープもある。

まったく進まない物語を終わらせるための『物語終わらせ師』という実写映画独自のキャラクターが登場してから、さらに展開はカオスに。

『物語終わらせ師』の力(?)をもってしても、ストーリーを終わらせることができない6つ子の強い自我は、もはや当初の養子になるという目標とは関係ない方向に進みだします。

感想まとめ

わたしは気軽にぼんやりとライトにアニメ「おそ松さん」を観ていたため、アニメと実写のキャラの違いが気になりませんでしたが、キャラに思い入れのある大ファンの人だと、ちょっとした違いが気になってしまって、作品が受け付けないかもしれません。
(ちょっと違うかも?と思われるところもありましたので)

実写化が発表されてから厳しい意見が多い中、Snow Manの皆さんはかなり頑張っていたのではないかと思います。

「おそ松さん」という作品をまったく知らずに観た母(「おそ松くん」しかわからないシニア世代・ジャニーズ好き)は、ちょっとしつこい展開についていけなかったようですが、それなりに楽しめたようです。

物語のいいところは探さないほうがいいです。
頭を空っぽにしてみたほうがいいです(笑)。

最後に、トト子ちゃん(高橋ひかる)のスタイルのよさが際立ってました!!

映画「おそ松さん」概要

<スタッフ>
原作:赤塚不二夫「おそ松くん」
監督:英勉
脚本:土屋亮一
音楽:橋本由香利
制作:シネバザール/はちのじ
配給:東宝

<主題歌>
Snow Man「ブラザービート」(MENT RECORDING)

<キャスト>
おそ松:向井康二
カラ松:岩本照
チョロ松:目黒蓮
一松:深澤辰哉
十四松:佐久間大介
トド松:ラウール
エンド:渡辺翔太
クローズ:阿部亮平
ピリオド:宮舘涼太
トト子:高橋ひかる
イヤミ:前川泰之
チビ太:桜田ひより

©映画「おそ松さん」製作委員会2022

スポンサーリンク
スポンサーリンク
実写・映画感想
スポンサーリンク
さくら@管理人をフォローする
この記事を書いた人

「進撃の巨人」「文豪ストレイドッグス」「ユーリ!!! on ICE」「Free!」「TIGER & BUNNY」「PSYCHO-PASS サイコパス」などのアニメが好きなアラフォーのオタク。気がついたら手遅れな腐女子だった。
アニメが大好き、現在は推しのねんどろいどをカスタマイズするオビツろいど、ねんどろいどどーる(ねんどーる)にどはまり中。
音楽はX JAPAN・嵐が好き。神社やパワースポットも大好き。
母がキスマイ・松坂桃李くんファンなのでミーハーは遺伝だと思ってる。

さくら@管理人をフォローする
腐女子のオタク感想文

コメント