映画「さらば あぶない刑事」ネタバレあり感想

映画「さらば あぶない刑事」ネタバレあり感想

映画「さらば あぶない刑事」を映画公開初日に劇場で観てきました。

映画になるなんて知らなかったので、突然CMや番宣で知りびっくりしました!

解説・あらすじ

映画「さらば あぶない刑事」劇場パネル

解説
テレビドラマと映画の双方で人気を博してきた刑事アクション『あぶない刑事』シリーズの完結編。定年を目前にしたタカとユージの刑事コンビが、日本進出をもくろむ中南米マフィアを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。メガホンを取るのは、テレビ版や『あぶない刑事リターンズ』などの劇場版も手掛けてきた村川透。舘ひろし、柴田恭兵はもちろん、浅野温子、仲村トオル、木の実ナナといったオリジナルメンバーが結集し、菜々緒や吉川晃司がゲストとして参加。タカとユージの最後の雄姿に引き込まれる。

あらすじ
長きにわたり横浜の平和を守ってきた刑事コンビ、タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)。定年を5日後に控えながらも、彼らは宿敵・銀星会の残党を追い、覚せい剤や拳銃が扱われるブラックマーケットの襲撃などを行っていた。そんな中、世界各国の闇市場や裏社会での縄張りを拡大している中南米マフィアが彼らの前に立ちはだかる。彼らの日本進出を阻止しようとするタカとユージだが、その戦いに横浜中の犯罪組織も絡んでいく。危険地帯と化した横浜で、二人は一世一代の勝負に挑むが……。
(引用:シネマトゥデイより)

映画感想

映画「さらば あぶない刑事」映画半券チケット

横浜港警察署の刑事コンビ・タカ(舘ひろし)&ユージ(柴田恭兵)の活躍を描いた人気シリーズの完結編。

わたしはミステリ小説や腐女子の嗜み・BL小説でもコンビの刑事というのがかなりの大好物なんだけど、その刑事好き、バディ好きの原点となった作品です。

1986年にテレビドラマがはじまり、人気作で劇場版が何本か公開されています。

知らない人へ向けての説明ですが、あぶデカシリーズはかなり長いです!
あぶデカが展開されてきた順番は以下です。

シリーズ開始から30年、前作から10年ぶりの新作映画。
今回は今まで続いてきたあぶデカを、コンビの二人の定年退職というテーマでしっかり終わらせようと作られた作品です。

どういう最後になるのかが気になって、映画公開初日に劇場で観てきました。

※ネタバレあり
※一回視聴なので解釈が違っているかもしれません
※好きでシリーズを観ていましたが、往年のファン!とどうどうと言えるほどではないので、解釈の違いはあると思います。

それを踏まえてどうぞ!

マイ解釈によるざっくりストーリー

定年退職まであと5日と迫った横浜港署捜査課刑事・タカことダンディー鷹山(舘ひろし)、ユージことセクシー大下(柴田恭兵)は、以前は後輩だったけれど今は上司となった横浜港署捜査課課長の町田透(仲村トオル)から「定年前は殉職率が高いので、先輩たちには無事に退職してほしいんですよ」と言われても、いつものようなハチャメチャっぷり。

銀星会の残党で今は新興のヤクザ闘竜会幹部・伊能を逮捕して華々しく引退しようと、許可もなく勝手にブラックマーケットを二人で襲撃したりと暴れ放題だった。

ブラックマーケットにはロシア、韓国、中国の各国のマフィアが入り乱れ、そこに中南米の犯罪組織BOBも危険ドラッグの密輸で横浜へ進出しようとしていた。

ユージが更生させた元不良グループのリーダー・川澄(吉沢亮)をブラックマーケットでみかけたことが気にあるユージ。

タカとユウジは結局伊能を取り逃がしてしまうが、その伊能が惨殺死体で発見される。
BOBのメンバー・ディーノ・カトウ(夕輝壽太)により殺害されたのだ。

タカが定年退職後にニュージーランドに一緒に移住する恋人の浜辺夏海(菜々緒)とディナーを楽しんでいると、夏海が米領事館に勤めていた時代に知り合ったというキョウイチ・ガルシア(吉川晃司)が声をかけてくる。

ガルシアはビジネスで来日となっているが、実は横浜進出をしようとしているBOBの幹部だった。

ユージがブラックマーケットで見かけた川澄は、ヤクザに殺された仲間の敵を討つために、とある危険ドラッグのデータを盗み出そうとして、ガルシアの周囲をうろついていた。

夏海は、目障りな二人をおびき寄せるためにBOBに拉致されてしまう。

また、100億ほどになる危険ドラッグの原料になる薬物を押収していたが、厳重に保管していた重要物保管所が襲撃に遭い、強奪されてしまう。

タカは夏海を無事に救出できるのか?
そして、二人は無事に定年退職できるのか・・・?というお話です。

今回、見どころの一つだと思う銃撃戦ですが、基本的にハンドガンが多くて往年のファンも納得なのではないでしょうか!

悪役の吉川晃司が渋くて格好良かった!

今回、タカ&ユウジも見どころではあるけれど、わたしは悪役のキョウイチ・ガルシアを演じていた吉川晃司の渋さがかなり注目でした・・・!

BOBの幹部役ですが、派手じゃないけど渋さの目立っていて、タカとのバイクに乗っての一騎打ちはかなり格好いい!

ガルシアの子分のディーノ・カトウ(夕輝壽太)のスキンヘッドでキレた演技が作品を引き締めていたような気がします。
そのおかげかバイオレンスも程よくあり、作品へのスパイスになったようにかんじます。

個人的にラストと薫の描写に異議あり

わたしはあぶデカを熱く語れるほど詳しくもないんだけど、映画を観てエンディングに入る前の銃撃戦の終わり方が個人的にモヤッとしました。

「え?これで終わり?」みたいに思っちゃいまして・・・(^^;)

これで本当にラストなのに、四面楚歌状態の二人がどうあの場を切り抜けたのか、そこがちゃんと描かれずにフェードアウト、定年退職後の描写にうつっちゃったのが個人的には不満です。

映画は尺も関係もあるししょうがないのかなと思わなくもないんだけど、県警の応援が来たとか奇跡的に二人が切り抜けたとか、そういうのがわかるシーンが1カットでも入っているとよかったと思っちゃいました。

今回の見どころの一つは、最後というだけあって往年の登場人物がいろんな形で出てきてるところ。

そういう部分は懐かしく、10年後はこうなってるんだーと観られてよかったと思うんですが、タカ&ユージと同じくらいの存在感を放つ真山薫(浅野温子)がちょっと個人的には残念なところもありました。

衣装が色々違うというのも見どころなのはわかりますが、シリアスなシーンがかなり短く(タカを激励したシーン)、そのあとにエンディングでまたあの弾けたかんじのキャラに戻っちゃってるので、少し浮いているような気がしちゃって(^^;)

特にこの2つがわたし的に意義のあったシーンです。

さくらの感想まとめ

今回のあぶデカは、本当に最後ということで年齢を感じるけれど懐かしいタカ&ユウジの掛け合いを楽しみにしている人にはたまらない出来だと思います。

実はわたし、残念なことに今回は作品に入りきれなかったのですが、その敗因はずばり過去の作品をすっかり忘れてしまっていたこと(^^;)

最近、ドラマから劇場版になる作品が増えて、忘れていても思いだせていたので、あまり気負わずに観に行ったところ、思ったよりも登場人物を忘れていて「あれ?この人いつ出てきたっけ?」と思い出しながら観ている状態でした。

わたしのように作品を忘れていそうな人や、あぶデカがはじめての人は、ドラマを少し観直すかスペシャル番組などを観て復習してから行ったほうがより楽しめそうな気がする。

ひょんなことからAmazonプライムに入ってしまったので、プライム・ビデオで過去の映画を視聴できますし、わたしはちょっともったいないことをしました(^^;)
(Amazonプライム会員は対象の映像作品は見放題)

ラストもハチャメチャで、最後の終わり方も二人らしかったし(それでいいのか?と思わなくもないですがw)、エンディングでは過去の映像が流れて、往年のファンはすごく楽しめる作品だったと思います。

個人的には、透が援護で来てくれたらよかったな~という感はあるんだけど、二人で何とかしようとしちゃうのがあぶデカですもんね。

あぶデカらしさがいっぱい詰まった作品でした!

映画『さらば あぶない刑事』予告動画

映画『さらば あぶない刑事』概要

映画『さらば あぶない刑事』

<スタッフ>
監督: 村川透
脚本: 柏原寛司
撮影: 仙元誠三
音楽: 安部潤
アクション監督: 高瀬将嗣
製作総指揮: 黒澤満

挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT」Feat.T.NAKAMURA、SENRI KAWAGUCHI&SHIGEO NAKA
エンディングテーマ:舘ひろし「冷たい太陽」

<キャスト>
鷹山敏樹: 舘ひろし
大下勇次: 柴田恭兵
真山薫 : 浅野温子
町田透 : 仲村トオル
キョウイチ・ガルシア: 吉川晃司
浜辺夏海: 菜々緒
松村優子: 木の実ナナ
深町新三: 小林稔侍
田中文男: ベンガル
吉井浩一: 山西道広
岸本猛 : 伊藤洋三郎
山路瞳 : 長谷部香苗
ディーノ・カトウ: 夕輝壽太
川澄  : 吉沢亮
石黒達也: 入江甚儀
奥西  : 片桐竜次 他

映画『さらば あぶない刑事』公式サイト

過去のドラマをHuluで復習 Hulu
Amazonプライムビデオで観る あぶない刑事

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 アニメブログ 進撃の巨人へにほんブログ村 コレクションブログ ねんどろいどへにほんブログ村 コレクションブログ オビツボディへ

実写・映画感想」の人気記事

  1. 実写映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」PG12指定は子供がみても大丈夫? 実写映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」PG12指定は子供がみても大丈夫? 259ビュー
  2. 映画「64‐ロクヨン‐前編」ネタバレあり感想 映画「64‐ロクヨン‐前編」ネタバレあり感想 169ビュー
  3. 映画「ST赤と白の捜査ファイル」ネタバレ感想 映画「ST赤と白の捜査ファイル」ネタバレ感想 123ビュー
  4. 映画『グラスホッパー』ネタバレ感想 映画『グラスホッパー』ネタバレ感想 119ビュー