映画「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」

映画「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」を映画の日に観てきました!

映画「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」パネル

最初は観に行くつもりはなかったのですが、主題歌の関ジャニ∞の「キング オブ 男!」が頭から離れなくて、それにつられたというのが大きいです(笑)。

土竜(モグラ)の唄を『eBookJapan』で読む
映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」

スポンサーリンク

映画「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」感想

高橋のぼるの人気コミックを、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のタッグで実写映画化したアクションコメディー。交番勤務の巡査が暴力団組織を壊滅させるべく潜入捜査を命じられ、さまざまなピンチを乗り越え任務を果たそうとする姿を描く。主演は、三池組初となる生田斗真。彼を取り巻くキャラクターには堤真一、仲里依紗、山田孝之、岡村隆史、上地雄輔らがふんし、原作の世界観そのままの強烈なインパクトを放つ。

正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(生田斗真)は、上司からクビと言われてしまう。しかし、内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝(岩城滉一)を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・日浦匡也(堤真一)と親交を深めた玲二は、数々の試練に見舞われながら轟に近づいていく。(シネマトゥディより)

予備知識がないほうが面白く観られるのが不思議

※原作未読

今回、原作も予備知識も何もない状態で観に行きました。

知っていたのは、生田くんがバラエティに出たときに話をしていた『前貼り』の話のところのみ(笑)。
逆にそこだけ撮影秘話?みたいなのを知っていたから集中できなかったというのもある。

『前貼り』は全裸などのシーンで股間などの性器を隠して撮影することを言いますが、今回は生田くん演じる玲二が全裸で車に縛り付けられて走ってるシーンがあって、そこがチラシがついていました(笑)。
チラシの下は使い捨てマスクだったようですwww

そのまま洗車されちゃうシーンで、洗車はガソリンスタンドの本物をそのまま使ったので、洗車されてるときに外れないかとヒヤヒヤしていたみたいなことを言っていたので・・・そのシーンだけ映画に集中できずにどうも気になっちゃって(笑)。

わたしは何も知らないで観に行ったほうが、映画として純粋に面白かったかどうかを楽しめるのでいいな~と思いました。

寧ろ、観たあとに知りたい話だったかも(^^;)

交番勤務の巡査が突然クビ→俺はDTヤクザになる!?的ストーリー

心は正義で満ち溢れているようだけど、警察学校を史上最低の成績で卒業・交番勤務になってからも始末書の嵐の玲二(生田斗真)は、ある日突然警察をクビにされてしまう。

──という表向きで、実は世に蔓延る合成麻薬・MDMAを撲滅するべく、潜入調査官に任命されたのだった。

潜入目的は、武闘派暴力団組織数寄矢会の会長・轟周宝(岩城滉一)の逮捕。

潜入捜査官としての心得の唄・土竜の唄を教えられてから任務スタート。

まずは闇カジノに潜入するが、そこで出会った無類の蝶好きで知られるクレイジーパピオンの異名を持つ数寄矢会傘下・阿湖義組の若頭・日浦匡也(堤真一)に気に入られ、兄弟の契りを交わす。

そしてあれよあれよという間に暴力団に潜り込み、『モグラ』として潜入をするが・・・・・・というお話。

警察では問題児だった玲二ですが、ヤクザ的には・・・優秀なのかも(笑)。

原作を未読だからわかりませんが、映画一本分で最終的には若頭まで出世します。

でもバカなので、杯の交わし方を知らず・・・・・・『懐に収める』という所作が・・・えらいことになっていましたけどもね!

死にもの狂いの原動力になったのがDT──童貞のまま死ねるか!ということ。
・・・それで頑張れたのなら、いっそそのままDTでよかったんじゃ?とか思ったけど、最終的にはちゃんと『男』になっていました。

関ジャニの主題歌の『キングオブ男!』ってそういう意味なの!!?と思ったりしちゃったり・・・(笑)。

生田くんの役がバカな正義感にあふれる熱い男なので、堤真一の落ち着いた蝶と面白いことが大好きなヤクザ、なんかいいです・・・!

山田孝之のあの不気味なかんじもいい味だしてました!

個人的総評

話的にシリアスめなのかと思っていたんですが、だいぶコミカルなストーリー展開。
正直、苦手な人は苦手と思うかもしれないタイプの演出。

ヤクザものなので暴力シーンもありますが、下品とエロもプラスされます。

個人的な目線だと、その暴力+下品+エロっぽいかんじが、生田くんのイケメンで中和されていたのではないかと・・・。

要所は面白いシーンもあるんだけど、わたしはあまり下品な感じを好まないので・・・面白い風はあるけど「みんな絶対見るべし!」とは言えない・・・そんな仕上がりでした。
(今回、原作どころかあらすじも知らずに行ったので・・・)

生田くんが警察官として働くシーンはほとんどありませんが(・・・というか全くない?!)、信念にブレはないところはいい。

映画「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」

<スタッフ>
監督:三池崇史
原作:高橋のぼる『土竜の唄』(小学館刊『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載)
脚本:宮藤官九郎

主題歌:関ジャニ∞ 『キング オブ 男!

<キャスト>
菊川玲二:生田斗真
若木純奈:仲里依紗
月原旬:山田孝之
黒河剣太:上地雄輔
舘晶:斉木しげる
築間重樹:伊吹吾郎
備禅幸一郎:渡辺哲
蛇嶋悟:的場浩司
女ディーラー:佐藤寛子
トラガール:南明奈
明美:彩也子
かずみちゃん:尾崎ナナ
酒見路夫:吹越満
赤桐一美:遠藤憲一
福澄独歩:皆川猿時
轟周宝:岩城滉一
阿湖正義:大杉漣
猫沢一誠:岡村隆史
日浦匡也:堤真一

映画「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」

土竜(モグラ)の唄 1 (ヤングサンデーコミックス)高橋 のぼる 小学館 2006-01-05
売り上げランキング :

by ヨメレバ

土竜(モグラ)の唄を『eBookJapan』で読む

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 コレクションブログ オビツボディへ にほんブログ村 コレクションブログ ねんどろいどへ にほんブログ村 アニメブログ 進撃の巨人へ
実写・映画感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

「進撃の巨人」「文豪ストレイドッグス」「ユーリ!!! on ICE」「Free!」「TIGER & BUNNY」「PSYCHO-PASS サイコパス」などのアニメが好きなアラフォーのオタク。気がついたら手遅れな腐女子だった。
アニメが大好き、現在は推しのねんどろいどをカスタマイズするオビツろいど、ねんどろいどどーる(ねんどーる)にどはまり中。
音楽はX JAPAN・嵐が好き。神社やパワースポットも大好き。
母がキスマイ・松坂桃李くんファンなのでミーハーは遺伝だと思ってる。

さくら@管理人をフォローする
さくら@管理人をフォローする
スポンサーリンク
腐女子のオタク感想文

コメント