映画「キングダム」感想

映画「キングダム」感想

映画『キングダム』、原作漫画が大人気で映画も力を入れて作ってるようだったし、とても気になって劇場で観てきました。

面白かったです!

※感想は一部ネタバレが含まれます。ラストのネタバレはしていませんが、絶対に知りたくない人は閲覧しないようにお願いします。

スポンサーリンク

あらすじ

映画「キングダム」劇場ポスター

紀元前245年、中華西方の国・秦。戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた。やがて漂は王宮へと召し上げられるが、王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けたクーデターによる戦いで致命傷を負う。息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りにある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、その後エイ政と共に王座を奪還するために戦うことになる。
(引用:シネマトゥデイより)

映画館で観てきたよ

映画「キングダム」映画チケット半券

原泰久先生原作の漫画『キングダム』、コミックスがまだ未読なのでこの機会に映画を観ておこうと思ったさくらです。こんにちわ。

率直に言って映画はわかりやすく面白かった!

東洋系の世界観の作品なので、日本人キャストたちがとても違和感もなかったです!

※原作漫画・アニメ等未読・未視聴
※映画初見の感想です。誤解や勘違い等あるかと思います。そういうところが許せる人向けでお願いします。
※感想は一部ネタバレが含まれます。ラストのネタバレはしていませんが、絶対に知りたくない人は閲覧しないようにお願いします。

マイ解釈によるざっくりストーリー

映画「キングダム」人物相関図全体

王家の血をひく弟の成キョウ(本郷奏多)に王座を追われた中華西方の国・秦の王のエイ政(吉沢亮)が、戦災孤児で奴隷の信(山崎賢人)と共に王座を奪還するまでを描いたストーリー。
※漢字が文字化けしそうですので、カタカナ表記にしています。

映画「キングダム」人物相関図アップ

戦災孤児の信と漂(吉沢亮)は、奴隷として生活をしながらも天下の大将軍になる夢を抱いて二人で日々剣術の特訓に明け暮れていた。

ある日、漂だけ身請け先が決まり、二人は別々の人生を歩むことになる。
一人になったあとも剣術の稽古を続ける信のもとに、瀕死の重傷を負った漂が戻ってくる。

漂が必死に渡してきた地図の場所に向かってみると、そこには漂とうり二つのエイ政がいた……というストーリー。

随所にこだわりが感じられる作品

原作に少しアレンジが加えられているようですが、映画の脚本に原作者の原泰久先生が加わっていたからでしょうか、原作未読でも変な違和感が少ない作品になっていたと思います。

舞台が中国の作品ということで、ちゃんと中国で撮影し、さらに王宮も本格的な造りでセットぽさがなく、こだわりを随所に感じました。

キャストの演技・配役もよかった

漂が身請けをされたのは、王であるエイ政の替え玉としてだった。

天下の大将軍になる夢を抱いていた漂は、自分とうり二つのエイ政を支えようと思ったのでしょうか。

奴隷の漂と王座を追われたエイ政、吉沢亮さんは二人の演じわけもちゃんとされていて、服装や佇まいだけでなくお顔の表情でちゃんとどちらの役なのかがわかります。

エイ政は王座奪還のために山の民に協力を要請しにいきますが、そのときに登場する長澤まさみさん演じる楊端和、とてもよかった!
とくに戦闘シーンが格好よく、男性が多い中ですごく華がありました。
(同じ女性キャストでも橋本環奈さんの河了貂は、あまりすごさがわたしには伝わりませんでしたが……w)

原作未読だけど大沢たかおさんの王騎、すごく役作りされている感がでていてよさそうだと感じました。

そして、キャラによって剣術での動きが違うところもよかった。
迫力のある殺陣でした!

映画観てきた!さくらの感想まとめ

原泰久先生原作の漫画『キングダム』の実写映画化、人気があるだけに作品を映像化するのは大変だったのではないかと思われますが、スタッフキャストの実力を見た気がします。

映画は、王座を奪還したところまでが描かれています。
原作漫画は長く続いていると思いますが、ここまでに焦点を絞ったことですごくよくまとまった作品になったと思います。

わたしのように作品はテレビCMの内容しか知らない程度でも十分についてこられる映画でした。
観て損はないと思います。

これは映画も続きそうですね!

映画「キングダム」概要

2019年4月19日公開 134分

<スタッフ>
監督:佐藤信介
脚本:黒岩勉、佐藤信介、原泰久
原作:「キングダム」原泰久(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
製作:映画「キングダム」製作委員会

<主題歌>
ONE OK ROCK「Wasted Nights」

<キャスト>
信:山崎賢人
エイ政/漂:吉沢亮
楊端和:長澤まさみ
河了貂:橋本環奈
成キョウ:本郷奏多
壁:満島真之介
バジオウ:阿部進之介
朱凶:深水元基
里典:六平直政
昌文君:高嶋政宏
騰:要潤
ムタ:橋本じゅん
左慈:坂口拓
魏興:宇梶剛士
肆氏:加藤雅也
竭氏:石橋蓮司
王騎:大沢たかお

※文字化けしそうな感じはカタカナ記載しています。

(c)原泰久/集英社 (c)2019 映画「キングダム」製作委員会

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 コレクションブログ オビツボディへ にほんブログ村 コレクションブログ ねんどろいどへ にほんブログ村 アニメブログ 進撃の巨人へ
実写・映画感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

「進撃の巨人」「文豪ストレイドッグス」「ユーリ!!! on ICE」「Free!」「TIGER & BUNNY」「PSYCHO-PASS サイコパス」などのアニメが好きなアラフォーのオタク。気がついたら手遅れな腐女子だった。
アニメが大好き、現在は推しのねんどろいどをカスタマイズするオビツろいど、ねんどろいどどーる(ねんどーる)にどはまり中。
音楽はX JAPAN・嵐が好き。神社やパワースポットも大好き。
母がキスマイ・松坂桃李くんファンなのでミーハーは遺伝だと思ってる。

さくら@管理人をフォローする
さくら@管理人をフォローする
スポンサーリンク
腐女子のオタク感想文

コメント