映画「天空の蜂」ネタバレなし感想

映画「天空の蜂」ネタバレなし感想

映画「天空の蜂」ネタバレなし感想です。

ネタバレ感想のほうは既にアップしています。
結末は知りたくないけれど、どんな内容かざっくりチェックしたい人に向けてまとめてみました。

スポンサーリンク

映画「天空の蜂」ってこんな映画!

※原作小説未読の人が書いています
※わたしの理解不足で勘違いしている部分もあるかもしれません
※説明するのに少しはネタバレもありますが、肝心なところは避けているつもりです。まったく知りたくない人は自己判断でどうぞ。

映画「天空の蜂」映画パネル

1995年、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新設備を搭載した巨大ヘリコプター・ビッグB(ビー)。

ビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)は、その納品される当日に妻と息子二人と共に工場へ来ていた。

仕事に明け暮れていた湯原は、妻や息子たちとの関係もあまりよくない。
母と息子たちが退出し、母がトイレに行っている隙に、息子二人は工場内を探検しはじめ、ビッグBに辿り着いてしまう。

子供たちが内部を探検中、無人のはずのヘリコプターが何者かの遠隔操作により作動、次男は飛び降りることが出来たものの、長男を乗せたままビッグBは福井県にある原子力発電所「新陽」の高度800m上空に静止してホバリングを始めた。

ほどなくして『天空の蜂』を名乗るテロリストからの要求があり、日本全土にある原発の破棄を要求してきた。
要求に従わない場合は、大量の爆発物を積んだビッグBを原子炉に墜落させるというものだった・・・。

原子力発電所「新陽」は高速増殖炉で、大量の爆薬を積んだヘリが墜落した場合、日本の広範囲がプルトニウムで汚染されて住めなくなってしまう、日本消滅の危機でもあった。

ビッグBの燃料が尽きて落下するまでのタイムリミット約8時間。

それまでにビックBから高彦を無事に救いだせるのか?
ビッグBの墜落を阻止して、日本消滅の危機を救えるのか?というストーリー。

見どころはこんなところ

実はわたし、東日本大震災のときの報道の映像から、原発内部の仕組みとか映像とかが苦手だと感じるようになっちゃったんですが(一時期、震災時のメルトダウンがどうこういう映像だけで具合が悪くなっちゃってたほど苦手でして・・・^^;)、そんなわたしでも観られました。

なぜ、そんなわたしが観ようかと思ったかというと、東野圭吾作品を全部読破しているファンの妹が、「原発が爆発しそう!どうしよう!っていうのではなく、原発にヘリを落とそうとするテロリストに立ち向かうヘリの設計士と原発の設計士の話で、それぞれの親子のストーリー」と聞いたからですね。
それを聞かなかったら、ちょっと誤解してて観られなかったな~(^^;)

「天空の蜂」という作品は1995年に書かれているのに、今まさに我々日本人が原発とどう向き合うのかを考えさせれれる作品だと思います。

原発の内部構造がどうとかそういう作品ではなくて、原発は日本にいるのかいらないのかと、そういう究極のことを考えさせれる社会性のある作品です。

前半の子供を助けるためのアクション、後半の犯人を追いつめて真相に辿り着く展開と、飽きることなく観られた映画でした。
(つまらないと寝てしまうタイプです・・・)

前半のヘリのアクションはハラハラしますし、後半の犯人を逮捕するシーンは「ギャー!」と思って目を背けるほどすごい展開もあります。
わたしは、犯人とかを全く知らない状態で観たので驚きました!

原発が賛成・反対に関わらず、色々なことにどこか他人事だと思って無関心でいることが問題で、今後どうすべきなのかを考えていこうという問題定義となる作品です。

江口洋介の演じる湯原は、物事から逃げちゃうタイプの人間。
家族から逃げているといわれたり、そういう意味でも問題定義されているのかなと思ったりしました。

映画を観たあとだと、秦基博さんの主題歌「Q & A」がすごい心に響きます!
秦さんが映画を観てから2週間で作り上げたそうですが、歌詞と映画の内容がマッチしていてとても雰囲気いいと思った!

舞台挨拶でも役者さんが主題歌のことを話題に出される回数が多くて、みんなに支持される主題歌に仕上がったのかなと感じましたね。

個人的な話だけど、わたし的『いい男』を映画館で観ようというのが今マイブームなんです(笑)
綾野剛さんと向井理さんがS-最後の警官-に引き続いて出ているのでどんな役だろうと思っていました。

向井理は、今回ヘリに乗っていた少年が大人になったバージョンで出てくるだけなので、出番としては少なかったな~。
もっと出てくるのかと思って期待してたから、ちょっとだけ肩透かし(^^;)
期待しすぎましたねw

でも、全体的に面白かったです・・・!

ネタバレ感想ありはこちら 映画「天空の蜂」初日舞台挨拶に行ってきた!ネタバレあり感想

解説&あらすじ

解説
人気作家・東野圭吾が原子力発電所を題材に1995年に発表した傑作小説を、堤幸彦監督が映画化した社会派サスペンス。最新鋭の大型ヘリを手に入れたテロリストが、日本全国の原発の停止を求め稼働中の原発上空でホバリングさせるテロ事件を描く。困難な直面に立ち向かうヘリコプター設計士を江口洋介、原子力機器の設計士を本木雅弘が演じ、初めての共演を果たす。東日本大震災による原発事故を経験した日本において、改めて社会と人間の在り方を問う衝撃作。

あらすじ
1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。さらに、ヘリ内に子供がいることがわかり……。(引用:シネマトゥデイより)

映画『天空の蜂』予告動画

映画『天空の蜂』概要

映画『天空の蜂』

<スタッフ>
原作:東野圭吾「天空の蜂 (講談社文庫)
監督:堤幸彦
脚本:楠野一郎
音楽:リチャード・プリン
音楽プロデューサー:茂木英興
撮影:唐沢悟
照明:木村匡博
美術:相馬直樹
録音:田中靖志
編集:伊藤伸行

主題歌:秦 基博「Q & A

<キャスト>
湯原    :江口洋介
三島    :本木雅弘
赤嶺    :仲間由紀恵
雑賀    :綾野剛
中塚    :國村隼
室伏    :柄本明
筒井    :石橋蓮司
今枝    :佐藤二朗
高彦(成人):向井理
佐久間   :光石研
芦田    :竹中直人
根上    :やべきょうすけ
高坂    :手塚とおる
上条    :永瀬匡
野村    :松島花
関根    :落合モトキ
篤子    :石橋けい

映画『天空の蜂』公式サイト

天空の蜂 (講談社文庫)
東野 圭吾 講談社 1998-11-13
売り上げランキング : 125

by ヨメレバ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
実写・映画感想
スポンサーリンク
さくら@管理人をフォローする
この記事を書いた人

「進撃の巨人」「文豪ストレイドッグス」「ユーリ!!! on ICE」「Free!」「TIGER & BUNNY」「PSYCHO-PASS サイコパス」などのアニメが好きなアラフォーのオタク。気がついたら手遅れな腐女子だった。
アニメが大好き、現在は推しのねんどろいどをカスタマイズするオビツろいど、ねんどろいどどーる(ねんどーる)にどはまり中。
音楽はX JAPAN・嵐が好き。神社やパワースポットも大好き。
母がキスマイ・松坂桃李くんファンなのでミーハーは遺伝だと思ってる。

さくら@管理人をフォローする
腐女子のオタク感想文

コメント