映画「大怪獣のあとしまつ」感想

映画「大怪獣のあとしまつ」感想

『誰もが知る”巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語』が気になって、映画「大怪獣のあとしまつ」を映画館で初日に観てきました。

※感想には一部ネタバレが含まれます。絶対に知りたくない方は閲覧しないでください。

スポンサーリンク

見どころ・あらすじ

見どころ
『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』などの三木聡が監督と脚本を務めた特撮ドラマ。腐敗と膨張が進んで爆発する危険のある巨大怪獣の死体処理に、1人の男が挑む。『記憶屋 あなたを忘れない』などの山田涼介、『哀愁しんでれら』などの土屋太鳳、『喜劇 愛妻物語』などの濱田岳のほか、オダギリジョー、西田敏行らが出演する。

あらすじ
人類を恐怖の渦にたたき込んだ巨大怪獣が、突如死ぬ。人々は歓喜に沸き、安堵(あんど)していたが、巨大怪獣の死体は腐敗と膨張が進んでいた。全長380メートルもの死体が膨張した末に爆発すれば、国家規模の被害が生じるということが新たな問題になる。その処理にあたる特務隊員として、3年前に姿を消したわけありの男・帯刀アラタ(山田涼介)が選ばれる。爆発までのカウントダウンが刻一刻と迫る中、帯刀は巨大怪獣の死体に挑む。
(引用:シネマトゥデイより)

映画館で観てきたよ

怪獣が死んだあとの死体をどうするのか、そんな予告が気になっていたので、映画館で映画「大怪獣のあとしまつ」を観てきました。さくらです。こんにちわ。

感想を語る前に、はじめに言っておきます。
わたしにはちょっと合わないタイプの映画でした。

コメディ作品だったのですね。
そこを最初に知っておけば、もうちょっと印象が変わったかもしれません。

もし、これから観ようと思っているなら、これはコメディだと思って観ると違うかもしれません。多分。

※映画の予告編の知識のみで観てきました
※特撮や怪獣作品はまったく詳しくありません

※感想には一部ネタバレが含まれます。知りたくない方は閲覧しないでください。
※感想は大変個人的な主観が入りまくった個人の感想です

感想

大怪獣が突然、原因不明の光エネルギーによって死に、人類は安堵した。
安堵した後、「大怪獣の亡骸をどうするのか?」からはじまる政府と特務隊、国防軍のゴタゴタの物語。

随所に盛り込まれるギャグ

政府の裏側のゴタゴタは、頼りない政府のやり取りにちょいちょいギャグが挟まれますが、その内容がちょっとお下品(下ネタより)。
(実は、個人的にギャグ作品は好まないので、ほとんど観ません)

命がけで任務に挑むシーンもありますが、何やら迫力が足りない気がする。
きっと、ちょいちょい挟まれたギャグによって、緊迫感が薄らいでしまったと感じてしまったからだと思います。

大怪獣の亡骸から未知の菌が発見されますが、その菌の内容もギャグよりのため、だいぶ緊迫感を減らしてしまった原因なのではないかと思いました。

人間ドラマ?三角関係?恋愛いらなくね?

冒頭だけ観ると、首相直轄組織・特務隊に所属する主人公・アラタ(山田涼介)、アラタの元恋人で環境大臣秘書官の雨音ユキノ(土屋太鳳)のヨリを戻すの戻さないののストーリーかと思った。

でも、ユキノは既に雨音正彦(濱田岳)と結婚しているが、明らかに昔の恋を引きずっている。

3人は以前同じ特務隊に所属していた。
任務中(多分)の三年前、アラタは光に包まれて姿を消した。

なぜ消えたのか、ユキノはそこを引きずっているし、そのときに正彦は致命的な怪我を負っている。

二人が別れた原因がよくわかりませんが(自然消滅ですかね?)、正彦は自分が怪我を負ったせいでユキノが結婚したと思っている。

んで?

この問題は解決したんでしょうか?

この作品にラブを全く求めていないので、こういった要素があることが予想外でした。

ちょろっと中途半端なラブがあるくらいなら、ここを省いて、死体処理方法をもっと追加するか、科学考察を追加して欲しかったと思います。

感想まとめ

普通に映画を観るわたしの一番言いたかった感想は「え?これで終わり!?」の一言に尽きます。

ラスト、「結局、主人公は何だったの?」と言いたいところですが、きっとアレですよね。アレ。
さすがに連想するキーワードを書くとネタバレがすぎるので黙っていますね。

政治家も、もっとちゃんと責務を全うするために命がけで取り組む姿勢があれば、また印象が違った作品になったかもしれません。

あまり詳しくないからわかりませんが、この監督はきっとこういう作風の方なんだと思います。

わたしには合わなかったけど、風刺好きの方なら面白いと感じるかもしれません。
コメディ作品だとわからずに観てしまったことが失敗でした。
(もともとわたしには向いていないタイプの作品でした)

怪獣ファン、特撮ファンであれば、また違った楽しみがあると思いますが(でも怪獣は動かないので楽しくないかな?)、怪獣の後処理=「シン・ゴジラ」を連想しちゃった人だと、作品のノリについていけない可能性があります。

松竹と東映が創立以来の初タッグを組んだ共同幹事・配給作品とのこと、配給のところにこのビッグな2社の名前が並んでいるところは、ちょっと感慨深いと思いました。

あ、そうそう。

主人公のアラタが乗るバイク、特注品だったようですね!
あのバイク、格好いいと思いました。
(どこかのネット記事で読みました)

きっとファンの方は、あのシーンだけで白飯5杯くらいはいけるんじゃないでしょうか(笑)。

映画「大怪獣のあとしまつ」概要

<スタッフ>
監督・脚本:三木聡
特撮監督:佛田洋
VFXスーパーバイザー:野口光一
怪獣造形:若狭新一
配給: 東映・松竹

<キャスト>
帯刀アラタ:山田涼介
雨音ユキノ:土屋太鳳
雨音正彦:濱田岳
敷島征一郎:眞島秀和
蓮佛紗百合:ふせえり
杉原公人:六角精児
竹中学:矢柴俊博
川西紫:有薗芳記
椚山猫:SUMIRE
道尾創:笠兼三
甘栗ゆう子:MEGUMI
五百蔵睦道:岩松了
中島隼:田中要次
ユキノの母親:銀粉蝶
中垣内渡:嶋田久作
財前二郎:笹野高史
真砂千:菊地凛子
食堂のサヨコ:二階堂ふみ
武庫川電気:染谷将太
八見雲登:松重豊
ブルース(青島涼):オダギリジョー
西大立目完:西田敏行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
実写・映画感想
スポンサーリンク
さくら@管理人をフォローする
この記事を書いた人

「進撃の巨人」「文豪ストレイドッグス」「ユーリ!!! on ICE」「Free!」「TIGER & BUNNY」「PSYCHO-PASS サイコパス」などのアニメが好きなアラフォーのオタク。気がついたら手遅れな腐女子だった。
アニメが大好き、現在は推しのねんどろいどをカスタマイズするオビツろいど、ねんどろいどどーる(ねんどーる)にどはまり中。
音楽はX JAPAN・嵐が好き。神社やパワースポットも大好き。
母がキスマイ・松坂桃李くんファンなのでミーハーは遺伝だと思ってる。

さくら@管理人をフォローする
腐女子のオタク感想文

コメント